看護師の仕事

看護師の仕事

看護師についての概要を説明します。かつての時代では女性中心の職業として成立していたために、職業としての呼称は看護婦と呼ばれ、俗称では白衣の天使とも呼ばれていました。その一方で男性が職に就く場合の名称は看護士とされ、後に看護師に統一されるまで、女性と男性で名称の区分けがされていました。次に看護師になるために必要なことを説明します。その方法としては看護に特化した高等学校へ入学し、准看護師になった後に正式に資格を取得する方法があります。他には看護専門学校なども存在しており、各種実習研修などを通じて看護師への道を進むことになります。実際の看護師の多くが専門学校からの出身者であるというデーターもあります。他には看護短大と看護大学があり、共に入学すること自体が難関とされており、入学するメリットとしては、看護に関する学習だけではなく、他の一般教科も学習することになるので、全ての学問に対しての教養が身に付くことが挙げられます。

いずれも学校を卒業する前に、国家資格を受けて正式な看護師となることが一般的です。かつては戴帽式といって、ナースキャップを授与する儀式が行われることが一般的でしたが、現在では衛生上の問題や、業務を行う上での都合からナースキャップそのものの存在が無くなる傾向にあり、同時に戴帽式ではなく、個々の学校で異なる名称で式典を行うことが一般的とされています。次に実際の勤務体系に関して説明します。勤務体系は勤務する病院やクリニックによって形態は異なり、その内容は様々なものがあります。例を挙げると、3交代制や2交代制があります。3交代制では24時間を3等分して勤務する体系で、2交代制では日勤と夜勤に分担されています。さらに細かく説明すると、日勤の他、遅出勤務として、時間をずらして勤務する場合や、準夜勤といって、夕方から深夜まで勤務する場合、深夜勤務として深夜から翌朝に掛けて勤務する場合、当直として夕方から翌朝まで勤務する場合など病院により異なります。

続きを読む(看護師の仕事(2))

看護師、薬剤師の求人・転職情報

看護師の求人情報はこちら → 看護師 求人

News

  • 2013年5月30日: トップページの転職情報リンク先を更新しました
  • 2012年4月2日: トップページを更新しました
  • 2012年11月22日: 当サイト「看護師の仕事」をリニューアルオープンしました